春日井市にある整体・接骨院

愛知県春日井市六軒屋町5-158-2

24時間365日 スマホ・携帯からもOK!
交通事故のむちうち、ヘルニア、骨盤矯正、求人についてはお電話で0568-84-2951

たった1週間の治療で何年も悩んでいた、気になっていた首、肩、腰の痛み、こり、しびれを根本的に改善

HOME > どこへ行っても根本的に解消しない膝痛で悩んでいる、困っている方へ > 病院や薬を飲んでも原因が分からない膝痛

初めての方へ

料金

アクセス

病院や薬でも治らない膝の痛み

膝痛体操

膝痛が治らない変形膝関節症とは
関節内でクッションの役割を果たしているクッションの役割を果たしている軟骨が、老化などで弾力性を失い、すり減ることで発症します。関節への負担が増して関節炎が起こったり水がたまって腫れたりして、膝を曲げ伸ばすときに痛みが生じます。進行すると、骨そのものが変形するなどして痛みが強くなります。
膝痛の原因
原因は加齢のほか、肥満なや女性ホルモン、分泌低下の影響、激しいスポーツ、遺伝などが挙げられます。一方で、運動不足による太ももや膝周りの筋力低下なども悪化の要因となり、年齢が上がるほど、患者は増えます。膝が痛いと歩行や運動が面倒になって筋肉も衰えます。食事だけが楽しみになり、ますます肥満になるという悪循環に陥ります。自らできる効果的な改善法は、体重をコントロール、つまり減量。他にも正座は避けるなど生活様式に気をつける。炎症期でなければ膝は冷やさず、お風呂で温めて屈伸運動をする。膝に負担をかけない簡易筋力トレーニングも活用。「初期の場合は、変形性膝関節症専用の装具が有効なことも多い。内視鏡を使った体への影響が少なくない手術をも採用して、人工関節は最後の手段」と東京都練馬区の丸山公院長は話している。「股関節や足首の硬さも、膝の痛みに影響する」と話すのはストレッチめんてなのトレーナー倉持江弥代表(東京都府中市)股関節と足首の可動域が狭いと、その真中にある膝がねじれて、痛みが生じることがある。膝を曲げてしゃがんだ姿勢を維持できず、お尻が床についてしまうと足首が硬く、あぐらがかけないと股関節が硬い証拠。「膝が痛くて動かせないときは、股関節や足首などを回すなどしてほぐし、緩めることから始めてもいい」と話しています。
変形膝関節症の危険度チェック
❒膝にこわばりを感じる
❒動き始めるときに膝が痛む
❒曲げ伸ばしをすると膝が痛む
❒階段の上り下りをするときに膝が痛む
❒激しいスポーツをしている(かつてしていた)
❒わずかな段差でも転びやすい
❒過去に膝をけがをしたことがある
❒座ったり立ったりが多い生活をしている
❒最近、歩き方が変わってきた。
*一つでも当てはまれば疑いあり
成長期の膝のスポーツ傷害(部活や運動中に起きる膝のケガや痛み
内側側副靭帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)サッカー、バスケ、バレー、スキーなど膝の曲げ伸ばしが多かったり、ジャンプするスポーツに発症しやすいです。多く膝の内側がグラグラして不安定になります。患部を押したり、無理に曲げようとしたり、膝を内側に倒すと痛みが出ます。
前十字靭帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)膝の前側をサポートしている靭帯で、サッカー、バスケ、バレー、スキーなど膝の曲げ伸ばしが多かったり、ジャンプするスポーツに発症しやすいです。膝全体がグラグラして不安定になり、急に止まったり、方向転換ができなくなります。一度損傷してしまうと再発しやすく、慢性化しやすいので初めて損傷した時にしっかり治療して、リハビし、膝の周りの筋肉をつけることで、再発しにくくなります。
後十字靭帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)膝の後ろ側をサポートしている靭帯で前十字靭帯損傷よりも軽く、後ろへの動きが不安定になります。損傷時は激痛があり腫れますので直ぐに氷水でアイシングして下さい。
半月板損傷(はんげつばんそんしょう)スポーツ障害で最も多い疾患です。ひどい場合には完全に膝を曲げることも伸ばすこともできなくなることがあります。膝を曲げて内側にねじったり、外側へねじったりする時に痛みがあります。
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)膝のお皿(膝蓋骨)が外側へ外れてしまう脱臼です。治療することは簡単ですが、再発しやすく習慣性になる場合が多いです。特に体質的に関節が柔らかい人が起こしやしです。
膝の使いすぎによる痛み(オーバーユース)
ジャンパー膝(ひざ)バレー、バスケ、ハンドボール、バドミントンなど、頻繁なジャンプ動作の繰り返しや、長距離を走るランニング、マラソンランナーなどに多く発症します。膝蓋骨(膝のお皿)と膝蓋靭帯(膝のお皿から、お皿の下にあるボコッと少し突き出た骨)の間のゴムの役割をする靭帯のつなぎ目に痛みが出ます。
オスグット病小学生高学年から中学生の成長期の子供に非常に多く発症します。サッカー、バスケ、バレー、ハンドの選手に多く、膝の痛みや腫れがあります。特に正座をすると膝が床に当たり痛みが出ます。ひどいと膝を曲げるだけで痛みが出て、膝のお皿の下の骨がボコっと出てきます。
膝蓋骨軟化症(しつがいこつなんかしょう)女性に多く、長時間のランニング、マラソン、ジョギングなどによる使いすぎや、膝を床に打つ機会が多いことが原因となります。膝の前面に痛みが出ることが特徴です。X脚など、膝の形に異常がある場合は注意が必要です。
たな障害(タナしょうがい)膝にひっかかりや痛みがあります。パッキ、ポッキっと異常音(クリック音)が出ることもあります。正常な膝でも同じようなことが状態が見られ、必ずしも治療しなければならないものではありません。
離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)膝の痛み、腫れから始まり、症状が進行すると関節内にある骨がはがれ、激痛が生じます。成長期のスポーツ選手に多いのが特徴です。
腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)長距離のランニング、ジョギング、マラソン、登山など過度に走る、歩く動作により膝の外側に痛みが出ます。また、O脚(がに股)の人に多いのも特徴です。
いろんな膝痛の症状、種類
成長痛
高齢者の膝の痛み
オスグット(成長期の膝痛)
完全予約制0568-84-2951(ハヨーフクコイ)
コツコツ接骨院のトップページへ

201701190333 (1).gif
ネット予約
メルマガ登録
トップページ
求人
初めての方へ
料金
アクセス
コツコツ前田物語
コツコツメンバー紹介
コツコツ前田の夢
お客様の声
接骨院の保険とは
現場風景動画
春日井市 交通事故のむちうち
春日井市 ヘルニア
春日井市 うつ
症状ページ
頭痛 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
肩こり 春日井市コツコツ接骨院
しびれ
手首の骨折
腱鞘炎
関節リュウマチ
腰の痛み
重度の腰の痛み
産後の腰の痛み
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
膝の痛み
足(かかと)の痛み
うつ
内臓疾患
女性疾患
生活習慣病
求人
求人
お問い合わせ

コツコツブログ
コツコツ日記
こつこつ日記
なっちゃん日記

地域の整形外科・警察
春日井市
ふくだ整形外科
まつした整形外科
春日井警察署
弁護士法人 心
弁護士法人グループ「心」